2009年03月04日

将棋界の一番長い日 -A級順位戦・最終局-

今年は3月3日が「将棋界の一番長い日」でした。
twitterで将棋関連の話をしてる方をフォローしてたのでわかったという…あぶないあぶない。
毎年この時期は忙しいからか、去年は見逃したからなあ。

23時台からの中継しか見れてないんだけど、
山崎・渡辺コンビの盤面解説が可笑しかった。
すんごい楽しそうに検討やってて、
知らなかったら普通に将棋好きな兄ちゃんたちにしか見えない(笑)
微笑ましくて面白かったですけどね。
棋士の人たちは年齢とか関係なく綺麗に敬語を使うので好きだ。

結果として、降級は鈴木八段と深浦王位。
関西圏の人間としては、谷川先生のA級残留は嬉しい限り。
名人への挑戦権は郷田九段が獲得。
名人戦は4/9からとのこと。
楽しみ楽しみ。
posted by 廉 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする