2010年04月30日

斬撃のREGINLEIV日記(21) st61-63[終]

プレイ日記です。
オフラインモード、基本は難易度ノーマルで進行中。

※ネタバレあります。

ついに最終回!61.ヴィークリースの決闘

ムービーでフリムに鷲掴みにされているテュール様が!
助けなきゃ!と意気込んだのにスタート時点ですでに間に合わないとか…。
助けさせてよ〜。
このゲーム、フレイとフレイヤ以外の神様たちに見せ場ほとんど無いよなあ。

フレイヤ、力を奪う魔剣Lv1、閃光の杖Lv1、雷神の槍Lv4。
巨神の王フリムと対戦。
フリムに辿り着く前に各種巨神がわんさかいるんでジャマ。
仲間が囮になってくれている間に神速で移動、フリムを閃光の杖で攻撃して撃破。
その後は敵を全滅させてクリア。

クリア後のムービーが切ない。
シグムンド、ヴェルンド、ヘルギ、がいなくなった。
シグムンドを呼ぶフレイヤの声が切なく木霊する。

でも死に目に会えなかったほうが幸福だったかもしれない。
まともな状態じゃなかっただろうしなあ…。


後日、フレイで未クリアだったので挑戦。
オーディンの鎚、槍LV3。
大群がいる間は大槌、減ったら槍。
フリムは、近づいて槍で突いていると破裂の王笏みたいな爆発する玉をばらまくので
撒かれたら2回くらい神速で下がって、爆発したらまた戻る、ってふうにすると安全に倒せた。

62.赤く染まる荒野

ムスペル+ゴーレム+炎の人形の最凶トリオが相手。
クリアしたけど高難易度のことはあまり考えたくないステージ。


・・・すいません。イージーでやっちゃいました。
フレイ、剛力の剣Lv1、剛槍フレイドマル。
ノーマルでムスペルの硬さに心が折れたのでイージーでクリア。
イージーでこの装備だと、難易度調整的には反則っぽいですが、とにかくクリア。

ノーマルでクリアするためにフレイヤ
力を奪う魔剣Lv1、閃光の杖Lv1、氷弾の杖Lv4で挑戦したら、クリアできた!
ムスペルの攻撃はひたすら避けるかガードして、射程ぎりぎりから閃光の杖で攻撃。
魔力切れたら下がってゴーレム、人形を斬って溜め。また射程ぎりぎりまでいって閃光の杖。
これの繰り替えしでなんとかクリア。
遠距離攻撃しかしないため、ヒーリングの結晶が拾えないのがちょっとツライが
耐久力が保ちさえすればなんとかなった。
ちなみにクリア時は400まで上げてました。

初期配置のムスペル6体がなんとかなれば、あとは3体+転送機なので、炎弾の直撃を喰らわないよう立ち回って閃光の杖連打で倒せます。数が減ってるので魔力回復の時間も取れますし。
よかったー。イージーのままだったら終わり!って言えないなーって思ってたから。


さて、最終ステージ。
ここはフレイだろうなあ…魔力回復できないですもんね。
いやでもいけるのか…。

63.滅びの神話

イージーならいけるだろう、と思ったら第三形態でビームに削られてFAILED…。
え、あれはどうしたらいいの!?
避けるのか!????
とパニクったので参考動画を拝見。



やっぱり避けるみたいですね…。
ビームが射出された後は軌道は変わらないので、発射を見届けてから当たらない方向(斜め前方、もしくは斜め後方)に移動後、弓で攻撃。
これでいけるようです。

何回かチャレンジした結果、ノーマルでやる気力がわかなくて、イージーでクリアしちゃいました・・・それでも疲れたよ。
イージーなら、第3形態の槍から発射されるビームを避けて弓で射ることはできた。
これノーマルでも同じようにできるかな…自信無い。でも、最後だけイージーなのもかっこわるいしクリアボーナスの結晶ももらえてないから(その難易度で全ステージクリアが条件のようだ)、ノーマルで挑戦しないとだめだよな。
装備は、オーディンの槍と速射の弓Lv3.上の動画の人のまるぱくりましたバッド(下向き矢印)
今まではそれはやってなかったんだけど、ここはこれがベストかと。槍が剣でもいいんだけど射程がな。


というわけで、装備を変え鎧の耐久値を上げてst63やっとノーマルクリア。
槍LV3と速射の弓LV3。
よく考えると、今まで弓攻撃のヒット率を気にしてなかったので、意識して標的に当たるようにしたらちょっとマシになりました(それまで狙ってなかったってのがw)。
それでもえらい時間かかった。
鎧は最終的に640でした。
posted by 廉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック