2010年04月01日

斬撃のレギンレイヴ、攻略本を買ってみた

攻略本買いました。


斬撃のレギンレイヴ (ワンダーライフスペシャル)

斬撃のレギンレイヴ (ワンダーライフスペシャル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/31
  • メディア: ムック


個人的には、すぐ方向を見失うのでマップが欲しかったんだけどなー無かった…。


■ステージごとに
 出現する敵の数・種類・登場する順番
 ストーリーの流れと動き方のヒント
が載ってるので、攻略本の役割は果たしている。

■敵のデータは、名前と簡単な説明、体長が載ってる程度。
ヒットポイントとか弱点のヒントとかは無い。
あくまで自分で倒してナンボですよ、ということか。
まあ、レギンレイヴの敵はたいがい判り易い弱点持ってますから、
プレイしているうちに自力で見つけられるのでしょうが。
でもそれなら攻略本いらないんじゃ…。

出現敵データは、特にオンラインでは有益な情報になるでしょうね。
ネタバレっちゃネタバレですけど、
場合によっては、弓を持ってないとクリア不可能、なんてこともありそうですから。

■武器一覧は、攻略Wiki(http://www39.atwiki.jp/zan_regi/のほうがDPM(1%の魔力消費に対するダメージ量)とか載ってて充実してる。
ああいうの調べる人たち凄いなあ。お世話になってます。
本になってれば手元に置いとけるので、参照はしやすいですね。

■折り込みふろく(?)
武器ツリー全体図(裏は既出のイメージイラスト2枚)。
確認したら武器80個で三分の1も達してないくらいだった…。
総武器数は348だそうです。
ちょっと何言ってるかわかんない。∧ ( ´∀`) へ
今のペースで進めてたら全武器作るのに何時間かかるんだ・・・。

■良かった点
NPC、敵のイラストが見れたのはよかった。
でも設定資料的なものではないです。
改めて見ると相当凝った装飾やデザインになってるので、イラスト集とか設定資料集とかも欲しいなあ。

あと、知らなかったことと言えば、シグムンドとヘルギが従兄弟同士だってことでしょうか。
だからヘルギが「オレがシグムンドを助けてやらねえと…」って言ってたんですね〜。

それから、霜の巨神大・中・小の違いは年齢だというのも意外だった。
てっきり別の種族だと思ってましたよ。
あの小巨神たちが育ちきって大巨神になってから攻めて来られてたら、人類も神もボロ負けだったろうなあ…。


お値段が1500円とそこそこしますので、内容的に超おすすめ!とはいきませんが
レギンレイヴをプレイしていてそれくらいなら躊躇無く出せる人なら買った方がいいかな。
各コーナーの扉絵の巨神イラストもカッコイイですしね。
posted by 廉 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック