2009年03月17日

003:助(廉)

すこしだけ楽になるので聞こえないように小声で「助けて」と言う

【成立過程】

すこしだけ楽になるので
届かないようにひとりで零す「助けて」

すこしだけ楽になるので
届かないように小声で言った「助けて」

届けたいわけではなくて
すこしだけ
いってみたくて零す
助けて


ここまで来て、倒置法がわざとらしいと思って戻しました。

すこしだけ楽になるので届かないように小声で「助けて」と言う


「届かない」は「誰にも届かない」にしたいところなんですが
ここをうまくまとめられないので、「聞こえない」に変更。
まだましかなと。

しかし、「一日」のお題といい、暗いですねえ。
今の精神状態を反映しまくっていますね〜ははは。
【関連する記事】
posted by 廉 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック